スポンサーサイト

  • 2009.08.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


初期型リハ

開始しました、初期型リハ。久々新作なんでかなり手探り。リハ前はなんかスゲーことがやれそうな気がしてたけど、いざリハーサルになるとモヤーっとして、前途不安になる。今やってることは正しいか、時間の無駄か、限られた時間で何をすべきか。
あせるわー。

さて、今回のタイトルは

『dumb!』

にしました。「ダム」と読みます。口のきけない、ろうあ者、とかいう意味です。世界に誇る京都のパフォーマンスグループ、ダムタイプのダムと同じです。ダムタイプはたまたまで、彼らの作品やら活動と『dumb!』は全くカンケーないです。タイトル会議をしてまして、タイトルをヘビメタやらハードロックの曲名からさがしていたところ、「ちょと長いんだけど、Free Speech for the Dumbっつー曲があって、普段からこーゆー気持ちありますわー」「ほんだら、dumbってのはどぉ?」という成り行きです。
むむむ。dumbという言葉はスゴいコンセプチュアルだし、メッセージ性が強いと思うし、また様々な作家が言葉とか沈黙といったテーマに取り組んでいて、さて初期型さん大丈夫ですかぁー!?ってなるけど、どだろ。

すべからく、すべてのダンサーはdumbだし、dumbだからダンスをやっているのだと思うけど、そーゆーナンデモアリ論を越えたとこに作品ってのはあると思うし、初期型のdumbがあるのだと。

タイトルにとらわれて、自由な想像の翼をたたんではならぬ!と胆に命じつつ、今回は一本スジを通すぞー!と目標を立てたりする日々です。

価値ある一夜

少し前になるが、スーパーDXというクラブで神村恵と福留麻里のDuoを見た。その週は山下残さんのリハーサルを行っていて残さんも一緒に見に行った。
彼女たちの踊りを見た後、なんだかゴロッとしたものがお腹に入って、自身の心の奥の大きな歯車がジンワリ動いた気がした。
神村さんと福留さんは別々に活動されてきて、最近初めて共同作業をしているらしい。二人を5〜6年前から知っていて、ほぼ全部の作品を見てきたのだけど、初めて一緒に踊る二人を見て大きなダンスのうねりを感じた。前は気が付かなかったけど、神村さんとほうほう堂(福留さん)は同じモノを目指して踊っていたのだ。カワムラにはそう感じられた。
同じく5年ほど前に交流のあった、山下残さんのリハーサルをしていたからか(残さん作品に直接触れたのは初めて)、コンテンポラリーダンス全部がつながってる気がした。客観的な説明はむずかしいんだけど、今まで自分がダンスで関わってきた人たちがダンスの本質的なトコロでつながってると思えた。

 カワムラの作品は相変わらず、ギャーギャーワーワーしたものになると思うけど、彼女たちの踊りは深いとこで影響があるような気がする。
価値ある貴重な一夜だった。


美しい姿

成り行きで、携帯ゲーム機を手に入れました。
が、ナカナカ使いこなしていません。
カワムラ、ゲームとマンガは寝食を忘れて没頭してしまうので、携帯ゲーム機なんか手に入れた日にゃズーっとトリツカレタようにピコピコしてしまうのではと思っていたのですが、さもありなん。電車の中とかでは気が向かないんです。

なんでかなーと考えました。

以前、山下残さんが、人が本のページをめくる姿は美しい、ということをおっしゃってました。確かに!と共感しました。そこから派生して、文字を書く姿も美しいなぁとか、はたまた美しい絵を見ている人も美しいなぁとか、そゆこと考えました。
そこで、携帯ゲーム機。
カワムラ基準なんすが、ゲームやってる姿は美しくないように思うのです。なんかこう、マスターベーションしてるのに似ているような。ゲームはそういった独りコモッタ密やかな楽しみであると思うのです。
ゲームやってる人全てが見苦しい!という訳ではもちろんありませんが、電車の中で美しくゲームしている人を見たことはないと思います。でも美しく本を読む人は見たことあると思います。


日常行為には、a)その行為を美しくこなすことの出来る行為と、b)せいぜい見苦しくなくこなすしかない行為、の二種類あるのかなぁと思いました。


電話する人は?パソコンしている人は?携帯メール打つひとは?はたまた、草を刈る人は?絵を描く人は?バナナの皮をむく人は?

日常行為の美しさの基準はどこなんだろか?なんとなくデジタル系は美しくなりにくい気がするのはカワムラがアナログ人間だからなのかナァ。
うーん。アナログ的価値基準かもしれないが、絵画の題材になる行為は美しい行為といえるのかもしれない。

ツギノ初期型


いきなり、広っ!
アサヒ・アート・スクエアです。
何をやるか。

衣装は、今んとこ男女とも古着ワンピースかなーと。んで、下にピチピチスポーツウェアとかで、脱ぎ着しようかと。
って、前回と似ちゃうなーって思ったけど、たぶんそれがユニフォームなのかなーとも。前回はスポーツとホラーというコンセプトあったような、どこいったのか、みたいなかんじでしたが、やっぱし今回もそゆテイストかと思います。なんだろ、衣装はそれで、気構えスポーツとホラーなんだけど、向かう先はどこなんだろ。
これから始まるリハーサルで見つかるのでしょう。
と。



凹凹凹凹凹凹

カワムラは男なので女子達を理解できません。そもそも人と人がわかりあえるとか、不可能というかかなり難易度高い事なのだと思ってます。さらに性差が加わってはもー、チョモランマを仰ぎ見る感あります。しかしいちおーチョモランマに登る努力はしなければならないとも考えてまして、登ることに意義があるというか、多分人類のほとんどが遭難してるのだと思います。

なので、女子のみのダンスカンパニーなんて理解不可能なんです。基本。
しかしまた、だからこそ見るべきかとも考え、いちおBATIKとか見に行ったりします。(でも大体帰りに頭を抱えこんで、男と女の間には暗くて深い河が流れているっ!てあらためて思い知らされてます)
もひとつ女子のみのカンパニー“高襟”(ハイカラと読む)というカンパニーあります。このカンパニーの主宰は初期型メンバー深見章代氏なんですが、初期型ではダンサーとしてももちろん、クリエイティブでアバンギャルドなアイデアで初期型作品を支えてくれてます。またフツーにジャカジャカ盛り上げてもくれます。カワムラにとって初期型メンバー女子は身近で偉大な、最も難解な存在です。それ故、初期型作品に欠かせないとも言えます。

で....

朗報!男子にとって最大のナゾを解きほぐすカギがココに!?
↓↓↓↓↓↓↓


高襟第一回単独公演 「ふぞろいの果実」
http://haikara2001.com/
構成・振付:深見章代
出演:吉川英里・林由紀子・青山るり子・kaya・夏海・深見章代
8/22(金) 19:30開演
8/23(土) 15:00開演 / 19:30開演
8/24(日) 15:00開演
開場は開演の30分前
場所:Pit北/区域(東京都王子1-13-18 東海第二ビル地下1・2階)03-3927-5482
前売:2500円 中・高・大学生2000円 小学生以下1500円(当日は各500円アップ)


カワムラにとって難解なチョモランマへの道標となるか。はたまた、深い河の底に沈むか。試練であり期待であります。
沢山の男子に見てもらい、男子意見を聞きたいです。
沢山の女子に見てもらい、女子ってコレですか!?と問いたい。
セックスやジェンダーを問う作品であり、さらにはセックスを越えたところにある何かを感じさせるであろう(←人類の期待を込めて)作品になると思われます。


足りない

まだまだ、ひらき直りが足りない。と思った。『MELEE』はすごい好きです。見てくれた人たちにもかなり好評のようです。でも、有識者の意見や舞踊関係知人からはかならずしもそうでないことも。それら批評家の意見に追随するわけではないが、やっぱりまだまだひらき直りが足りないのだなぁ、と思わざるを得ない。

もっともっとやれるのだと。

ひらき直りとは、、、、、カワムラ語なのかもしれないが、言うなれば掘り下げ。自身の掘り下げともいえる。けど、“ひらき直り”はそれだけじゃない意味を含んでいる感覚なのだけど。

ひらき直りは、作品作りにおいて最も大事なことだと考えています。なんか、どんどん自分のカラを脱いでゆく感覚。さらけ出すみたいな。居直るみたいな。そこに自由が広がるって思う。し、伝わるってそゆことなんじゃないかな、と思う。
ひとつひとつ。ひとつひとつ。


武藤大祐はエライ!

 舞踊批評の武藤氏はエライ!
彼は昨日行われたトヨタコレオグラフィーアワード(通称・トヨコレ)の選考委員・審査員をしているのだが、自身のホームページでキチンと自分のアワードに対する姿勢と作品に対する姿勢、そして自分が推した作品となぜ推したかという理由を述べている。
これはアワード選考委員・審査員全員に課すべきことではないか!?
数限りない見方があるダンス・パフォーマンスアート、若手?登竜門としてのトヨコレをめざしダンス道に励む若者に対し、またコンテンポラリーダンスというものを初めて見る人に対し必要なことだと。回数を経てより大きなイベントとなってきているトヨコレをコンテンポラリーダンスの入門編として見に来るひとはたくさんいると思います。ダンス活動をしている我々でさえ何を目指すのかどこに行くのか混沌としている中、批評家とはかくあるべきと思いました。できる限りの客観的に、マクロでミクロな視点からダンス界を先導すべき立場なのだと。もちろんアート、趣味嗜好はあります。武藤氏の推した作品すべてにカワムラは賛同しませんが、批評家としてのスタンスは大きく支持します。

岸田戯曲賞(日本の戯曲における最高の賞...たぶん)は選考委員全員がどの作品をなぜ推したかを書き、それらが冊子となって配られています。そのようになればいいなぁ。

アートなんて趣味嗜好なんだから、そんな趣味嗜好で選ばれたアワードということを公明正大にしたい。

再演します。

昨年の10月に行われた『MELEE』の再演をします。再演といっても麻布die pratzeはなくなってしまったので、まったくの再演にはならないのですが、今回は神楽坂にあるシアターイワトというところでやります。この劇場は劇団黒テントの劇場で古いビルの一階を改装して作られています。キャパは80席くらいとこじんまりしていますが、雰囲気のあるとてもステキな空間です。黒テントのお芝居を何回か見に来て、いつかここでやりたいなぁと思っていました。どうなるかとても楽しみです。
今回、かなり急きょな流れで公演するくだりになったのですが、ひとつに、メンバーの一人アゼチアヤカが今年10月にドイツに留学することになったことがあります。2年間日本の土を踏めない彼女へのはなむけにという思いがあります。また、初期型新作公演までにちと期間が空きそうだなぁというのもあります。初期型の新作公演は来年早春に行われる予定なんですが、それまで何もないとダレてしまいそう(カワムラは)だったので、自らを鞭打つ気持ちで公演に踏み切りました。年中無休で忙しいダンサーズ様、例によって最上級の感謝!!!ですっ。

2008年 6月23日(月)・24日(火)

シアターイワトにて

『MELEE』

乞うご期待!



コンテンポラリーダンス その2

あー。収集つかねえ。

コンテンポラリーダンスやってますっていうのをやめて、ダンスやってますコンテンポラリー派です。といいましょう。ダンス・コンテンポラリー派。そーすると話しつじつま合います。それぞれにいろんなダンスのベースがあって、そのシーンでの表現に閉塞感を感じる人が集まる場所がコンテンポラリーダンス。一人一派のコンテンポラリーシーンですわ。個人主義時代がコンテンポラリー(同時代)ならば、コンテンポラリーダンスは個人主義を反映します。個人個人の価値観・世界観を尊重!
そこでまた物申すのですが、個々のダンスのシーン(たとえばバレエ・ヒップホップ、はたまた演劇)に閉塞感、息苦しさ、物足りなさを感じている人たちの表現の場がコンテンポラリーダンスシーンなのであって、コンテンポラリーダンス関係者、特にプロデューサーの人はよく考えてほしい。現在コンテンポラリーと呼ばれるひとつのダンスシーンにないものをピックアップして満足してもらいたくない。コンテンポラリーダンスプロデューサーはコンテンポラリーダンスシーンにないダンスを取り上げることではなくて、どこにもないダンスを取り上げることを旨としてもらいたい。たとえば、バレエ出身の人の作品を見て、観客が「バレエがベースなのかぁ、でもバレエならオペラ座のほうがスゲーなぁイイなぁ」って思うような作品をプロデュースしたならプロデュースする資格なし。ゆえに、作り手である我々もそれを心して作らんとアカンっちゅーことです。ヒップホップならチャンプルでは見れないもの、もしくは違う視点でヒップホップのカラダをとらえたものとか。笑いというのを身上としている作家はさらに大変だ。笑いは巷にあふれかえっている。しかし巷にあふれる笑いとは一線を画しているもの、しかもダンス的な身体性に主眼を置いたものにしなければならない。と思う。

そーゆーコト含め、もっともっと様々な要素を含むであろう現代美術のひとつであるコンテンポラリーダンス。現代美術の中のパフォーミングアーツの中のコンテンポラリーダンス。と解説しようと思います。


ふぃ〜。

まてまて

でもこれって、現代美術とかパフォーマンスとかっつー単語知ってるコトが前提だなぁ。ふうむ。ぜんぜん一般的じゃないなぁ。あー。

道のりは長いなぁ。

コンテンポラリーダンス

 というものを自分なりの言葉で説明できんかなぁと常々考えておりやした。バイト先のあまり舞台に足を運ばない人たちやら、踊りに行くぜ!!先で初めてコンテンポラリーダンス(?)を見る人に何て言ったらよいか。
コンテンポラリーダンスはなんでもありだ、みたいなことをよく耳にします。でも何でもありってどーゆーことなのか?
結論から言うと、なんでもありを認めている人たちの集まり、ってのがコンテンポラリーダンス(後で触れるがたぶん日本限定でのコンテンポラリーダンス)なのだと思う。これって、現代美術(コンテンポラリーアート)の状況にとても似ている気がする。現代美術も何でもありだし、それはそれで認知されている気がする。ただ、コンテンポラリーダンスはダンスという単語がくっついてるが故に誤解を生んでいるのではないかと。コンテンポラリーダンスはいわゆるダンスのジャンルのひとつではないということだ。ダンスのジャンル分けって、主に体の使い方や動きの特徴みたいなもので分けられていると思うのだけど、コンテンポラリーダンスシーンを見渡すとそれこそいろんなカラダが存在する。ゆえにコンテンポラリーダンスは、バレエ・ヒップホップ・ジャズ・etcに列挙できないものなのだと思う。カワムラ的にはパフォーミングアーツの方がしっくりくる。ただ、いわゆるパフォーミングアーツというもの(二パフ?とか)を見に行くと我々とはちょと違うって感じる。何がちがうんか?パフォーミングアーツってのも体を使った何でもありの身体表現だし、それってコンテンポラリーダンスじゃんって思うのだけど、何が違うのか。たぶん、カラダの強度とか、パフォーマンスの演出とか構成とか、そゆとこ気にするんだと思う。

続く

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
初期型公演「Dumb!」
2009年2月13日・14日
チケット発売2008年12月31日!
初期型第三回公演『Dumb!』-ダム!- 初期型第三回公演『Dumb!』-ダム!-
チケット好評発売 2008.12/31!
前売り3000円 当日3500円
お問い合わせshokigata@hotmail.co.jp

◆前売りチケット購入方法=購入方法は2つ!
1.メールで購入予約する
shokigata@hotmail.co.jpに下記の内容をお送りください。追って購入予約完了のメールが返信されて予約完了です。 -------購入予約メール---------
件名:チケット予約 メール: [お名前]○○
[購入枚数]○枚
------------------------------以上
チケットは当日に代金引換となりますので送信されたメールをプリントアウトまたは送付された携帯メールをご提示ください。
2.ダンサーからお買求め頂けます。
下記のダンサーを見かけたら気軽に声をお掛けください。とくにカワムラアツノリは中野、飯田橋、近辺に出没中です。
垣内友香里 草野たかこ 工藤牧 兼盛雅幸 重森一 須加めぐみ 根岸由季 平澤瑤 深見章代 松崎淳 カワムラアツノリ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links